ボード・GL工事

◎ ボード工事とは?

ボード工事とは、軽天工事によってつくられた骨組みに、石膏ボードを貼っていく工事のこと。
壁紙や塗装を施す前の下地をつくる作業を指しますが、ボードによっては化粧シートが表面に貼ってあり、そのまま仕上げとして使えるものもあります。
耐水・防音・強化石膏など様々な機能を備えているため、建物の用途やお客様のご要望に合わせた施工が可能。
石膏ボードは燃えない性質を持っているため、火災にも強い内装を実現できます。

◎ ボード工事のメリット

【1】 加工性・施工性が良い
軽量で切るのも簡単、施工箇所に合わせた加工が可能です。

【2】 防音・遮音性が良い
マンションやオフィスビルなど、隣の部屋への音漏れを防ぎます。

【3】 耐アレルギー性能がある
調湿やホルムアルデヒド低減などの機能を備えており、結露やカビの発生を抑えるのに効果的です。


◎ GL工事とは?

GLボンド(石膏系接着剤)によるコンクリート面とボードの直張り工事で、鉄筋コンクリートの建物に最適。
壁にダンゴ状に丸めたボンドを塗りつけ、ボードを直接圧着させる、手間いらずの工事です。
下地調整の必要が無いため、従来のボード工法に比べて、大幅な工期の短縮が可能というメリットが。
作業はシンプルですが、ボードが歪まないよう常に角度を確認する必要があり、職人の腕と経験が必要とされる工法です。

◎ GL工事のメリット

【1】 下地の調整が不要
下地の調整・骨組みが要らないため、軽鉄で幅をとりたくない箇所や、収まりの悪い箇所にも。部屋を広く取りたい時に便利です。

【2】 コストダウンに◎
下地調整を省くことができるため、作業の省力化につながり、工期も短く済ませることができます。

一覧に戻る

▲TOPへ