軽天工事

◎ 軽天工事とは?

軽天工事とは、薄い亜鉛メッキ銅板を使い、壁や天井の骨組みをつくる工事のことを言います。
オフィスや店舗・施設などの内装工事において、現在主流となっているのがこの工事。
昭和50年より以前は木材を用いた骨組みが主流でしたが、水や湿気に強い、耐震性がある、といった多数のメリットが注目され、軽天工事への移行が進みました。
加工性に優れており、建物の形状に合わせた天井や間仕切り壁がつくりやすいのもその特徴。
比較的工期も短く、木材に比べて価格も安定しているため、コストダウンにも効果的です。


◎ 軽天工事のメリット

【1】 軽量のため建物への負荷が少ない
材料に使われる軽鉄は、銅板の厚みが0.5mmほどしかなく、木材に比べてかなり軽量です。

【2】 コストダウンに◎
木材に比べて価格と供給が安定しています。施工も簡素化されているため、コストダウンにつながります。

【3】 耐火性に優れている
不燃材料でできているため、消防検査にも通りやすく、手間がかかりません。

【4】 環境に優しい
軽鉄はリサイクルが可能な、地球環境にも貢献する材料です。

【5】 工事に時間がかからない
木材に比べて加工性が良く、短い期間で工事を完了させることができます。

【6】 水や湿気に強い
安定した素材を使うため、木材のように湿気の変動で割れが起こったり、腐ったりといったデメリットを防ぎます。

一覧に戻る

▲TOPへ